ウキ止めの結び方(電車結び)

ウキ釣りで使うウキ止め糸の結び方を動画で説明しております。
色々な結び方がありますが、今回は簡単な電車結びを使ってウキ止めを作ります。
ポイントは結び終わった後、余った糸を切る時に締め直せる程度の余裕を残すところ!使っている間にどうしても緩む事はありますし、潮の高さにあわせて攻めるタナを変える時にも重宝します。


【イメージで手順を確認】

1, 浮き止め糸で輪を作り、道糸に重ね合わせる。(※桃色が浮き止め糸:黄色が道糸)
浮止電車_01
2, 道糸に巻き付けながら浮き止め糸の先端を輪に5~7回程度通す。
浮止電車_02
3, 浮き止め糸の両端をゆっくり引き絞る。軽く締めて位置を調整し、好みの位置でしっかり締めこむ。
浮止電車_03
4, 余った糸を締め直しが出来る程度残し、カットする。
浮止電車_04